しんせつそう / shin setu sou / rental & local info

昔話1  「92年 独立をした時」

誰かの人生の可能性を広げることができたらと、僕の昔話をつづることにしました。
常に、僕は平均的人間であると自覚していました。特別何かに優れた才能を発揮していたわけでもありません。
そんな普通の僕ですが、いろいろな事を実践してきました。そこには、自分なりの決断、意志があったかと思います。
人生、迷うことは多々ありますが、目指す頂上は同じです。ただ登る道が違うだけだと思います。
そんな人生の一つの道を紹介させていただきます。
時は1989年 人生初めての就職。

89年イギリス・イタリア留学から帰り、シュリロトレーディングという輸入商社のスポーツ用品部に90年1月に就職しました。スポーツ用品部は、ウインドサーフィンの世界トップブランドを取り扱っていました。入社した時はスノーボードの輸入を始めたところでした。当時スノーボードはほとんど知られていなく、滑走できるスキー場もごくわずかでした。
その会社での僕の担当は、スノーボードの営業、そして海外メーカーとの交渉の補佐、外人ライダーのガイドなどでした。
look snowboard,okay boots,ups boots, firitch bindingなどを輸入していました。当時サポートしていた日本ライダーは今ではスノーボード業界の大御所にもなっている人もいます。営業での担当は東日本全てを担当して、関東から北海道まで。スノーボードはやったこともなく、就職して初めて見るものでした。営業を担当していたので売り上げを伸ばす必要があるのですが、簡単にはいかなく。それでも、着実に数字は伸びてきました。
そんなある時、当時の部長と宴会をしたとき、僕は 小さい会社でも大きい会社でも社長は社長。同じだという持論をだしました。これは社長という立場の責任感は同じであるという事であったと思います。 上司はそれは違うという考えでした。言葉のお互いの意味合いが違っていて、言葉のとらえ方が違っていたのかもしれないですが、僕のこの社長は社長という考えは、後々にも大きく影響しました。 結局、社員は平でも課長でも、部長でも永遠に社員であり、責任をおうとすれば自分に対してだけです。社長は大きい会社でも小さい会社でもトップにいるということは自分だけでなく、社員を(社員の家族を)、会社全体を、関係各社に対しての責任を感じるのです。
92年1月まだスノーシーズンは終わりではないときに、全体会議がありました。そこで、僕に対して、
営業&マーケティング から、マーケティング専属になるよう辞令がでました。シーズン途中で、営業数字をまだ伸ばせるという時でもあり、この辞令に対して 僕は即答はできず、「考えさせてくれ」といいました。それに対して、部長はこれは「辞令」だと言いました。 それから僕は数日考えたのですが、この部長の言葉の意味は、yesか辞めるかという選択肢しかないとう意志表示だったかと思います。血気盛んなやりての部長でしたので、まさか辞令に対して、即答しないことなど考えられなかったかと思います。もちろん、マーケティング専属になることは、それは栄転と考えてもよかったかとは思いますが、僕としては「辞令」という意志に対して、自分の人生は自分で決断したいという意志がまさったのか?
社員は永遠に社員で、社長の気持ちにはなれないということが、僕を独立へと後押ししたかと思います。

そして、毛筆で辞表をだし、92年2月に辞めました。そして、日本初のスノーボードビジネスコンサルタントとして、開業しました。これは、自分で会社をおこすほど資金も能力もなかったのですが、顧問として社長と接触することで社長の立場を少しでも感じたかったからです。そして、千葉の取引先に、年間10万で顧問契約をしました。



スポンサーサイト

温泉津温泉(ゆのつおんせん) ・島根県

http://www.yunotsu.com/kounou/index.html
温泉津温泉 - Wikipedia

春休みに、九州までこどもたちと旅をしたときに、立ち寄った温泉が、島根県 石見銀山の近くにある
温泉津温泉 元湯で、ここには、泉質の違う、元湯と薬師湯があり、今回は、元湯にはいりました。
お湯は、全体に熱めで(源泉で49°くらい)、激アツ、熱め、通常と3つにわかれていて、とくに熱いほうは、山田温泉(長野県高山村)よりも、あつく、とてもはいれませんでした。地元の人たちも、激アツには、はいっていなかったのですが、うちの長男は1分ほど入浴して、まわりのおじさんたちに、一目おかれていました。
ここの温泉においてある資料に、「原爆被害者と温泉津」という記事があり、資料によると
広島の原爆のあと、ゆのつ温泉にて、被爆者が湯治に使用。かなりの効果があったようです。
その資料のなかに、緩和性の温泉のほうが、緊張性泉より効果があるとも書かれています。
島根方面にいく時は、立ち寄ってみてください。いい雰囲気の温泉です。

僕は、熱めの温泉(45°前後)は、体に効くと感じ、長野だと、山田温泉 大湯に行っています。
病院もいいですが、病院に通うことは、少なからず国民の税金を使うことなので、まず湯治でなおるなら
そのほうが、全体にとってもいいことです。




野菜中心の食生活による、いいこと

野菜中心の食生活(基本は、自家栽培、自家消費)で、5年以上がすぎました。子どもも、上は、10歳、下は4歳となりました。 特別 子どもの成長にいまのところ問題もなく、身長も平均以上にのび、元気に育っています。この暮らしかたによる、良いところです。
です。

1 自家栽培できない、肉類、魚類を日常的に食べないことにより、食料品として買うものが、少ない。
主に、買うのは、調味料です。特に必要なのは、塩で それ以外は、しょうゆ、みりん、油など。(油の自給をめざし、今準備しています) となると、物価が多少あがっても、お金を使うことが、少ないです。

2 日々の食器洗いにおいては、動物性脂肪をつかわないので、水あらい、もしくはお湯あらいですませることができます。このため、食器洗いの洗剤の使用を減らすことができ、結果として、洗剤の購入費用を減らし、
排水を、汚すことを軽減できます。

3 動物性の食品、添加物を含む加工品をたべないことにより、体臭、汗のにおいがかわります。
それにより、過剰な香水などの使用をしなくてすみます。特に、体臭でおなやみのかたは、食生活をかえることをおすすめします。

4 味覚が繊細になります。野菜中心、また自家栽培、旬の野菜、地元の野菜などを中心とした食生活は、
素材の味が、わかるようになります。そのため、市販のお菓子類、加工食品、外食でなくても、食への満足感が高まります。特に、子どものうちは、全ての感覚をきたえることが大事だと考えています。
味覚、嗅覚は、日々の食生活、日々使用する化学合成臭により、鈍化されていきます。これは、生物としての能力がおとろえるので、かなり危険であると考えています。

つまり、今の物価高/収入減少の時代において、市民が対応できる ひとつの方法につながります。
一生懸命稼いで、多忙につき加工食品、外食、中食などにそのお金を使い、結果として残るものは
なんでしょうか? 特に、子どもは親と過ごす時間が一番大事です。大きな家よりも、豪華そうにみえる外食よりも、親のつくるごはんを、一緒に食べることが、子どもを育て、家族を育て、それが、地元への愛着心につながります。 すこしづつ、野菜中心、地元にある食材中心の食生活にかえてみてください。生活が楽になりますよ。


お金をむだにしない生き方 玄米食のすすめ

玄米を中心に、子育てをしていると、玄米をたべる時と、白米をたべるときと あきらかに、満腹感が違います。
白米の良さは、ありますが、白米だと 何杯もおかわりをしてしまいます。それが、玄米だと1杯くらいで、満たされた気分になります。パンも同じで、精製した小麦のパンだと、ふわふわしていているのですが、なかなか満たされません。
子供もいる家庭だと、食費もそれなりにかかります。玄米食(毎食でなくても)を増やすだけで、食費が減りますよ。
もちろん、栄養も玄米のほうがいいです。

玄米食の注意点:米は、玄米と精米した白米とでは、放射能の汚染度がちがいます。白米のほうが少なくなります。
なので、玄米を食べる時は、産地には特に注意することをおすすめします。僕は岐阜産の玄米を食べています。
白米は、自家製をたべていますが。 小麦においても同じで、自分でつくっている小麦は、自家で挽いて、全粒粉で食べていますが、土壌/全粒粉での、放射能検査はして、納得の上で使用しています。

食事の仕方で、食費も節約でき、さらに健康になります。

お金を無駄にしない生き方 歯磨き粉は必要なのか?

我が家では、歯磨き粉を通常 使用していません。そのわけは。

1 歯は、はぶらしで丁寧にみがくだけで、歯垢はおとせる
2 市販の歯磨き粉のほとんどは、多種の薬品、香料、そして研磨剤がはいっている。どれも体にいれる物質ではなく、
研磨剤入りの歯磨き粉は、使い方をまちがえると歯をどんどんけずってしまいます。僕は、小さいときからの歯磨き粉での歯磨きと、力のいれすぎとかで歯がけずれてしまいました。
3 市販の歯磨き粉に、フッ素入りがよくありますが、フッ素は、体内にいれるべき物質ではありません。
4 は磨き粉を買わなくてすむので、余分なお金がかかりません。

では、歯磨き粉を使わないと、口臭がきになる? まったく問題ありません。歯磨き粉の香料でごまかしているだけで、
歯をきれいにみがけば、大丈夫。歯磨きができていて口臭がきになるのは、内蔵が不健康かと思います。
ただひとつ、歯磨き粉をつかわない場合、茶渋などが歯に付着して歯がきばむことはあります。
これも、歯磨きの回数をふやすなどすればさほど気にはならないと考えています。
そして、虫歯は、砂糖(特に精製した白砂糖)を中心とした糖分のとりすぎを含む、食事の内容と食事の仕方に問題があると思います。  もし、歯磨き粉をつかうなら、よく成分をみて使うことをおすすめします。

 | ホーム |  »

FC2Ad

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR